長宮氷川神社縁起



 長宮氷川神社縁起書によれば、当社の創建は第66代一条天皇の御代、長徳元年(西暦995年)出雲の国、簸ノ河上、杵築大社(現・出雲大社)よりこの地に遷し奉るとあります。
 当神社の台門の道程(参道)が四丁十六間(約465m)の長きに及んだ事から「長宮さま」と呼ばれ、また参道両側には人家が密集して門前町が形成され、「長宮千軒町」と称し大いに繁盛したと伝えられます。
 小田原北条・徳川時代には歴代の城主・地頭よりの崇敬も篤く数多くの奉納もありました。今もこれらの古文書・奉納物を見ることができます。
 平成7年10月、ご鎮座一千年祭が斎行されました。